禁煙の成功っていつ判断するんでしょうか?

「禁煙に成功しました!」「禁煙に失敗しました!」ってよくきくのですが、何をもってそのようにいうのでしょうか?

僕はそれに関して秘密を知っています。

実は、禁煙成功の判断と禁煙を成功させる秘訣ってつながっているんです。

まず言葉の定義をハッキリさせておきましょうか。

「禁煙」とは喫煙の習慣がなくなることをいいます。
一般的に、この習慣がなくなった状態をしばらくの期間続けられることを「禁煙が成功した」といっているようです。

逆に、しばらくの間は喫煙の習慣はなくなっていたが、再び喫煙習慣が戻ってくると「禁煙が失敗した」というようです。

僕はでもこの「成功・失敗」の判断って、変だと思うんですよね。

だって「禁煙に成功した」という人も、その後に一本でも吸ってしまうと「禁煙に失敗した」になるし、逆に「禁煙に失敗した」という人も、一時は「禁煙に成功した」ということになります。

何がいいたいのかというと、一時期の状態だけを切り取って、それを成功だ失敗だというのはおかしいということなんです。

「ちょっと何言ってるか、わかんないですけど」って声が聞こえてきそうなんですが、成功・失敗というのは一時的なものではダメだということなんですよ。
成功だったものが、後から失敗になったりしてはダメだということ。
一度禁煙に成功してしまったら、二度と喫煙習慣が戻ってきてはダメだということなんですね。

僕は思うんですけど、そういう意味で本当に禁煙を成功させるためには、吸いたい気持ちを抑え続ける禁煙の仕方はやっちゃいけないんです。
禁煙パッチとか禁煙ガムとか電子タバコとかその辺の禁煙法は、吸いたい気持ちを反らしたり抑えたりする禁煙法なわけじゃないですか。

これをやってると失敗するリスクがずっと自分の周りをついて回ります。
そして、何かの拍子で吸いたい気持ちに負けてしまい、喫煙生活に逆戻りなんてことが起きてしまうんです。

でも僕がおすすめしている禁煙法は違います。
吸いたい気持ちを抑えるのではなく、吸いたい気持ちが出てこないようにするわけです。

賢明な読者のあなたなら、どっちが良いのかすぐに分かりそうなもんでしょ?
今まで禁煙に失敗してきたのなら、なおのこと僕のやり方をやってみて欲しいんです。