禁煙をはじめて4ヶ月になりますが、メリットについて考えます。

うーん、色々あるような気もしますが、余り無いような気もする。

そもそも禁煙という言葉を使っていますが、僕自身「喫煙を禁じている」わけではないですしね。
タバコを吸わないというのを、意識すらしてないんですよ。
そんな状態ではあるんですが、あえて禁煙のメリットについて考えてみました。

まず一つ目のメリットは、時間が増えたということ。

タバコを吸ってたときは一時間に短くとも5分はタバコを吸うための時間を必要としてました。
もちろん何かをしながらタバコを吸うということも多かったですが、タバコのために一日に最低でも1時間は時間を使っていた計算です。
それが必要なくなったことは、今後の人生を考えるとメリットなのかなとと思います。

次………

うーん。

ここまで書いてきてあれなんですが、正直あんまり体感できるメリットっていうのはないかもしれません。。
思ったより肌も綺麗になってないし、ご飯ももともと美味しかったし。

よく禁煙したっていう人が、タバコを吸っている人に対して、

「まだタバコなんて吸ってるの?タバコやめたらすごくいいよ!ほんとだよ!」

なんてもうまるで鬼の首を取ったようにはしゃいでますが、あれって喫煙者が羨ましくてしょうがないだけなんじゃねーのって思わなくもないです。

もともとタバコを吸ってない人って、タバコを吸わないメリットなんて考えないですもんね。

ということで、タバコをやめるメリットってそんなにない(笑)ってことです。

ただ僕は、喫煙していた時と今とで、どっちがいいかと聞かれたら、今のほうがいいと答えるでしょう。
なぜか?
うーん、なんとなくです(笑)

たぶん禁煙なんてそんなもんです。
大事なのは、自分で選んでタバコを吸っているか、それとも吸わされているのかそのあたりじゃないかと思うわけです。