タバコに関する、アラカルト的な話。
今回は眠気について書いてみました。

禁煙をすることによって起こる身体の変化は様々です。
禁断症状とはちょっと異なる体の変化の一つに、「眠気に襲われる」というのがあります。

僕も禁煙間もないころはこの症状に、悩まされたと言う程でもないですが、少しだけ困らされました。
本当に眠い。

特に昼食を食べた後は禁煙してなくても眠いのですが、喫煙していた頃とは比べものにならないくらい眠たかったですね。

その他の時間でも、タバコを吸っている時と比べて、不意に眠気に襲われることがあったので、その頃は車の運転には特に注意してました。

この禁煙により眠くなってしまうメカニズムを調べてみると、どうやら原因はニコチンにあったようです。
ニコチンには覚醒作用があり、その覚醒作用に慣れていた脳が、ニコチンが不足することにより眠くなってしまうみたいなんです。
(簡単すぎる言い方かもしれませんが。。)

でも僕は眠れない時にも、「眠れねー」っていってタバコを吸っていたんですよね。
今考えてみると、これはアホの所業です。
眠れないのに、覚醒作用のあるタバコを吸っていたわけですからね。

そんなアホなことをしていた僕なんですが、これを知って、「眠くなってしまうんだったら、禁煙はやめておこう!!」なんていう奴はもっとアホです。

僕はもともと睡眠障害とまではいかなくても、「寝付きが悪く、目が覚めやすい」という人間だったのですが、タバコをやめてしばらくたつと、夜ぐっすり眠れるようになりました。

また昼間の眠気についても慣れてきたら、以前と変わらない状態に戻ります。
昼間の眠気って、タバコよりも昼飯の食い過ぎが原因だと最近では思うようになりました。

まぁどうでもいい話なんですが、「眠くなるのが嫌だからタバコはやめられない」なんていうのはただの言い訳なんで、そんなダセーことを言うのはもうやめにしましょう。

別にタバコは法律で禁止されているわけではないですから、吸いたければ吸えばいいんですよ。
でも、本当はタバコから逃れられないのにそれを認めず、ダセー言い訳をして自分をごまかすのはもうやめにしようといっているわけなんです。