禁煙セラピーという禁煙本をご存じですか?
「読むだけで絶対やめられる禁煙セラピー 」というのが正式な本のタイトルのようです。

この禁煙セラピーはアレン・カーというイギリス人が書いてます。
余談ですが、日本の代理店であるアレン・カージャパンは2010年2月に債務超過により事業廃止してます。(追記:その後営業再開)

アレン・カー自身は、2006年に他界しています。
死因は肺がんです。

このニュースを聞いて、禁煙する事に価値がないとか言ってる奴らがいます。

まぁそいつらはただのアホなんでどうでもいいですけど、彼の肺がん死が残念な方向に向かう奴らを生み出している事は、本当に悲しいですよね。

話を禁煙セラピーに戻します。
Amazonを見ていると、禁煙セラピーのレビューは概ね良好な口コミが並んでいます。

卒煙できた方も多くいるようですし、僕の知り合いにもこの本を読んでやめた人が数人います。

ただ、僕には効かなかった。
理解が浅いせいで書いてある事を読み取れなかったと言ってよいかと思います。

今となればこれが本当に良かったです。
僕が止めれなかった裏には誰もが知っておくべき隠された真実があるからです。

その気付いた事をまとめたのが今回の記事です。



あらためてアマゾンのレビューをみてみました。
手がかりは、禁煙セラピーに対する評価の低いレビューの中にありました。

いくつか挙げてみます。

「本を読もうが、生活に困ろうが、やめられない人はやめられない。
この本を読んで、その認識を再確認しました。
まるで、催眠術をかけるかのようなソフトな語り口で延々と話が続きますが、とどめは金と健康。

説得力はありますが、画期的なものではないような気もします。
ま、案外そういうものなのでしょうか。
ひねくれ者の私には向かない本でした。」

「アレン・カーの禁煙セラピー本・CD付き、そしてセラピーも受講しましたが、 止めることが出来ませんでしたので、ここでの評価がこれほど高いことに驚きます。

合う・合わないがあるのですね。

私にはアレンカーは合わなかったので、別の方法で止めましたが、 本は高いものではないので、試す価値はあると思います

これで止められたらラッキーですので、頑張ってください。
そしてやめられた方、おめでとうございます。」

何事も合う・合わないというのがもちろんあります。
私や上のレビューを書いている方は合わない方に入るわけですが、どういう人が合わないのか自分なりに分析をしてみました。

まず、書いている内容や書き口をみるとわかるかもしれませんが、よく言うと素直でない人に「禁煙セラピー」は向いていません。

逆に、自分は割と素直で人の話をすぐ信じてしまう。。。
彼氏の口車にすぐに載せられてしまう女性とか、朝のテレビでやっている占いカウントダウンを信じがちな人とか、人のことを疑うなんて信じられないとかいう、そういう方たちにとっては効果がある本なのではないでしょうか?
(いじってるわけじゃないです。)

つまり、僕は正確が素直じゃないわけで。。。
これは本当に難しい問題で、ある意味禁煙より難しいのかもしれません。

でも、僕は今現在禁煙がきちんとできていて、しかも僕なりの禁煙理論を構築することができています。
これは、もし僕が禁煙セラピーでやめれていたらできなかったことでして、禁煙セラピーでやめれなかったことを逆に感謝していることでもあります。

それが何なのか?
参考になるのが、これまたAmazonのレビューにその答えがあったりするわけです。

「本書を読んで禁煙はできたが、それは一年間だけだった。
仕事のストレスで結局は吸い始めることに・・・。
タバコの量も一気に増えて一日2箱に・・・。

そして一年半後、再度禁煙を決意。禁煙セラピーを読むと・・・
な、なんと止められた!!!

効果はもうないだろうと思ったが、十分にあったようだ。
一度しか効かないなどという人もいるが、そんなことはない。

しかも2度目は飛ばし読みなのにだ。

このことから気づいたことは結局は最後は自身の強固な意志によるということ。
誰も無理やり吸わせようとはしない。
本書にもあるようにタバコを口に持っていくのは自分の手でしかないのだ。」

禁煙セラピーに限らず、こういう一旦やめたけどまた吸う人ってよくいると思います。

僕は、禁煙セラピーでやめられなかったことで、これがはっきり間違った禁煙法だと気づくことが出来ました。
つまり、禁煙セラピーで禁煙できた人の中には、間違った方法で禁煙をしている人が少なからずいるということなんです。

禁煙セラピーは、確かに素晴らしい本かもしれません。
でも、禁煙の本質をついている本ではありません。

僕は、別のアプローチから禁煙できたことで、そのことに気づくことができ、さらに禁煙以外の部分でもそれを活かすことができるようになりました。

僕らは誤解の中で生きていることが多く、禁煙できないと悩んでいる人も実は簡単に禁煙できるし、一生再び吸い始めるリスクを避ける事もできます。

禁煙セラピーでタバコを止めたいという人は、もちろん禁煙セラピーを使ってもいいのですが、その裏に隠れている真実をこのブログで勉強してからのほうが、後々いいことになると僕は思っています。