タイトルは大げさなんであまり期待せずに。

前の記事までに僕がベストだと考えているタバコのやめ方について説明してきました。
ざっとおさらいをしてみます。

①禁煙に対する誤解をとく

まずはこれまで持っていた禁煙に対しての誤った知識の書き換えというか、洗脳を解いてもらうための記事。

まず基本中の基本として抑えておいて欲しいところ。
ここがわかっていないと、せっかくの禁煙法も無駄になってしまいます。

②喫煙のメカニズムを考えた上での正しい対処法

基本を抑えて、タバコを吸う理由を理解した上で、それに正しく対処する方法を書いた記事。

具体的にどういう行動をとればいいのかを説明してます。

③禁煙の成功の確率を上げるための方法

禁煙法を実際の行動に移す上で、リスクとなりそうなものを予想して書いた記事。

タバコとの戦い(?)を優位に進めるために、見落としやすいポイントを解説しました。

以上。

記事数にしてはそんなに多くはないですが、まぁこれだけ読めば絶対にやめれると僕は思ってます。

なぜなら、十数年間で禁煙できたのはわずか16時間(関空からサンフランシスコまでのフライト時間)しかなかった僕が、実際にタバコをやめることができた要素を全てブチ込んだわけですからね。

ただ、これだけ書いても自信がない人はきっといることでしょう。

「いやー、言ってることはわかんだけど、これまで大体失敗してきたしな―。」

そんな声が今にも聞こえてきそうです。
(現実にそんな声は聞こえてないですけど)

わかります。その気持ち。
僕も過去の失敗を引きずるタイプですから。

というか、そもそも人間っていうのは失敗をベースにして記憶を作ってきた生き物みたいです。
(そのおかげで、今日まで生き延びることができたらしいです)

失敗の記憶を引きずるのは、ある意味自然の流れなわけです。

でも、禁煙を成功させるためには、この失敗を引きずるってのはなかなかの障害になっちゃいます。

進化には必要だけど、禁煙には邪魔になるわけですよ。

では、どう対策すればいいのか?

この答えって、実はもう書いてしまっているんですよね。

これまで書いた記事に「タバコをやめることができた要素をすべて全てブチ込んだ」わけですから、当然といえば当然。

え!それが何なのかわからないんですか?
だいぶ勘が悪いようですね。

でも、大丈夫です。
たぶん、俺が読者でもわかりません(笑)

だから、もう一度そこにスポットライトを当てますね。

正解が書いてあるのは”解放”の説明をした記事です。

『ポイントは、どれだけ自分を客観視できるかです。』

この一文が、失敗を引きずってしまう自分への対策になります。

まぁ、なかなか気付けるもんではないでしょう。
ええ。

自分を客観視するというのは、悪く言えばどれだけ自分を監視できるのか、良く言えばどれだけ自分を味方として助けてやれるかということです。

成功哲学でも、成功のためにはメンターが必要なんて言われることがあります。
(ちょっと何言ってるか、よくわかんないんですけどって人はコチラをどうぞ)

あのメンターというのは、教え導いてくれるから成功するというより、自分をいつも見守ってくれる人がいるから成功するわけなんです。

言ってみれば、このメンターの役割を自分でやるっていうのが、自分を客観視するということなんですね。

失敗の記憶を引きずる自分に、「大丈夫。お前ならできる。」と見守って自ら助言してやるわけです。

もうこれで、禁煙成功まちがいなしなわけです。



「うーん。俺ってこの客観視も難しそうなんだよね。。。」

ってそんな声を今聞いた気がしました。
(しつこいですが、現実には聞こえてませんよ。)

で、その自分を客観視することすら難しいっていう人。
申し訳ないんですが、そういう方はもし禁煙を本当にしたいならお金を払ってもらうしかありません。

あっとその前に、自分で客観視が出来るという方はこれ以下の文章は読まなくて結構です。

僕は、自分が伝えられる禁煙法は全て伝えました。

ここまで書いたことを理解し実践してもらえれば、禁煙は必ず成功すると思います。

ここからは、自分で自分を客観視することができない人向けに書いていきます。

それで、お金を払うってことなんですが、大事なのは何にお金を払うのかということです。

まぁここまでの流れがわかっていればすぐわかると思いますが、自分を客観視してくれる人を雇うためにお金を払うわけですね。

言い換えれば、お金を出して人に客観視してもらうってことです。

そうなると、次に気になるのが費用の問題。

時給800円のアルバイトを、1日たった1時間1ヶ月間雇うと約24,000円もかかってしまいます。
しかも相手はほぼ素人だろうし。

じゃぁ素人じゃない(?)お前がお金をもらって客観視してくれるのかい?
って言わたら「ゴメンナサイ無理です」って謝るしかないです。

今後もしかしたらそういう企画をするかもしれませんが、今のところ直接お金をもらってというのは考えてません。

そんな僕ですが、その代わりと言ってはなんですが、今日ご紹介したいのがこちら!

小宮直人の脳をコントロールして禁煙する方法
うーん。今にも「怪しい」 って声が聞こえてきそうです。
(これは本当に聞こえてきそう)

でも、確認のためもう一回書いておきますけど、自分で自分を客観視出来る場合はこれを買う必要はないです。

客観視するのが難しいという人のために、「どこでもメンター」を紹介してるので。

それでこの「脳をコントロールして禁煙する方法」(長いので以後「脳禁」)についてです。

あ、「お高いんでしょ?」って方に先に値段を言っておくと¥9,700です。
一ヶ月のタバコ代かそれよりちょっと安いぐらいですよね?

これも僕がオススメする理由の一つで、安すぎず、高すぎず、ちょうどええっていうのがあります。

僕も実際に買ってみたので、書いてあることをざっと説明しますね。

基本的には脳科学に基づいた禁煙のやり方が書いてあります。
勝手な思い込みかもしれませんが、原理としては僕の禁煙法と同じです。

僕の方がシンプルで、脳禁の方は結構理論的に書いてあります。
説明も細かく丁寧なところがあるので、ガッツリ活字を読むのが好きって人は向いてます。

内容についてもっと詳しく知りたいって場合は、リクエストがあったら別の記事にまとめますし、メールをくれたら出来る範囲でお答えします。

内容の話はこれぐらいにしときましょう。

僕が、この脳禁をオススメするのは特典があるからなんです。

その特典が「90日間のメールサポート」ってやつです。

この特典はこのサイトを読まずに買った人は、全然活かせてない特典だと思います。

でももう書いちゃったんですが、このメールサポートって言ってみたら「どこでもメンター」と同じわけです。

1通だけでいいんです。
毎日メールを送ってください。

90日間メンターに見守ってもらったら、やめれると思いませんか?

いつでもこの脳禁の作者の方(小宮さん)があなたを客観的にみてくれるわけです。

小宮さんはいわば禁煙のプロです。
禁煙のプロに毎日自分を客観的にみてもらうわけですから、これで禁煙できないわけがないですよ。

しかも1ヶ月半で9,700円。
正直、僕はこの値段ではできません…

なんだか長ったらしく、いやらしくなってきたので、この辺りでやめときます。

しつこいようですが、自分のことを客観視できるなら脳禁買う必要は全くないです。

自信がない人だけ買えばいいんです。

お金を払うことで、もしかしたらモチベーションが上がる効果もあるかもしれません。

最後に、脳筋にはメールサポート以外にも色々特典があって、買って3ヶ月以内に効果がないなら全額返金というのも特典としてついてます。

でも、これは使わないでください。

使うつもりで買ったら禁煙に失敗するからです。

  1. 自分を客観的にみる自信がない
  2. メールサポートを使い倒す
  3. 全額返金保証は使わない

この3つの条件を満たす場合にだけ、脳禁を買ってください。
きっと禁煙の手助けをしてくれて、新たな自分(ちょっと大袈裟)を手に入れることが出来ると思います。

脳をコントロールして禁煙する方法

追伸。

最後の最後に忘れてそうなので、この記事の大事なところを書いておきます。
禁煙成功のポイントは、自分のことをどれだけ客観的に観ることができるかです。