これは禁煙に限った話じゃありません。

あるジャンルで成功した人と失敗した人の観察をしてみて、何が違うのか比べてみると、そこに成功のヒントが隠れてることってよくあります。

僕はこのサイトで無料で禁煙法を公開してますけど、禁煙に成功した人と失敗した人を比べてみると、禁煙法よりも大事な成功の鍵があるように思えてならないのです。

その成功の鍵っていうのが、ズバリ環境です。

「ちょっと何言ってるか、わかんないんですけど」っていう人のために、詳しく説明します。

禁煙に関する質問で時々見かけるのが、「タバコって手元に置いといてもいいですか?」ってやつなんですが、もう完全に置いとかない方がいいわけです。

これは、人間の意志力の問題でもあるのですが、意志というのは筋肉と一緒でその力に限界があります。

重いものを持って筋肉に負荷をかけると、いつか限界がきて持てなくなってしまうのは経験上誰もが知っていると思います。

タバコを手元に置いておくというのは、意志力にずっと負荷をかけているのと同じことで、いつか限界がきて吸ってしまうわけです。

これを防ぐには、重いものを持たなければいいわけで、つまりタバコを目につくところに置いてはダメだということ。

そして、タバコを目につくところに置かないことが、禁煙しやすい環境を作るということなんですね。

禁煙に失敗する人(というか、自分を変えようと思って変えられない人)は、この環境を作るという意識が低いことを、僕は観察により発見したわけです。

誰の観察かといえば、自分に対する観察なわけなんですけどね。

禁煙に失敗する人って、今と同じような生活を送りつつタバコをやめようと考えています。

でもそれって、気づかないんですが難易度がかなり高いやり方で、相当の意志力が必要になってきます。

禁煙に成功するためには、自分の生活全部を禁煙仕様に変えていかなければなりません。

一番いいのは、タバコが禁止されている国(そんな国があるか知らないけど)なら、物理的にタバコを吸うことができないわけだから、そこに移住してしまうことです。

まぁ、そんなこと出来る人なんてほとんどいないと思いますけど。

もう少し具体的な方法を考えるとすると、例えば毎日習慣的にコンビニ通っている場合、その習慣をなくしましょう。

コンビニはタバコを置いているので、これだけでタバコとの接点を一つ減らすことができます。

僕は日頃全然コンビニにいかないです。(田舎でコンビニがないとかじゃない)

あとは、タバコを吸いやすい場所にはいかないとかもあります。
パチンコ屋とか喫茶店とかですね。

禁煙席ならいいだろうなんて思うかもしれませんが、禁煙席を選ぶ時点でタバコのことを意識してしまうので、ある程度禁煙ができて自分に自信が持てるようになるまでは近づかないほうが得策です。

とにかく、自分の生活パターンをもう一度振り返ってみて、タバコとの接点をできるだけ減らして、禁煙しやすい環境を作ってあげてください。

もちろん、出来る範囲でかまいません。

無茶しない程度に、期間を区切るのもいいかもしれませんね。
「タバコをやめて1ヶ月間は~にいかない」とかですね。

こうやって、やめやすいお膳立てをしてあげることで、禁煙成功の確率はグンと上がります。

環境を作るってことは、自分で自分の禁煙を応援してやってるわけですよ。

応援してくれる人が多いと成功する確率が上がるっていうのは成功哲学ではわりと有名な話ですが、まずは一番の理解者であり味方である自分が、自分の応援をしてあげることが一番じゃないでしょうか?

すぐに禁煙したい人のための記事6選

  1. 禁煙のための必要不可欠な考え方
  2. 人はなぜタバコを吸うのか?
  3. タバコを根っこからやめてしまうには
  4. 僕が実際に成功した”解放”という禁煙法
  5. 禁煙できない奴がやらないこと~環境を整えることの重要性~(←今ココ)
  6. タバコがやめられない人のための最終兵器